コラム

【小児歯科】子どもの虫歯予防について

お子様が虫歯にかかってしまい、ご来院される方が多くいらっしゃいます。実はお子様の歯は、大人よりも虫歯にかかりやすくなっています。歯医者では、虫歯予防に効果的な処置がいくつかありますので、ご紹介します。大分市中戸次で小児歯科をお探しならダイヤモンド歯科クリニックへお気軽にお問い合わせください。

フッ素塗布のイラスト

■フッ素塗布

歯医者でできる虫歯予防として多くの人に知られているのが、フッ素塗布かと思います。フッ素は、歯の質を強化してくれることや、溶けてしまった歯を元に戻してくれるなどの効果があります。フッ素は市販の歯磨き粉にも含まれていることがありますが、歯医者で行うフッ素塗布よりもフッ素の量が少なく濃度が低いものになっているため、毎日継続することが重要になります。歯医者でのフッ素塗布は、濃度が高く、1回の塗布で大きな効果を発揮してくれます。ご自宅で行うセルフケアと合わせて行っていただくと良いでしょう。

【フッ素の効果】

・歯の質の強化

虫歯菌が放出する酸に溶けにくい歯の質を作ることができます。乳歯や生えてきたばかりの永久歯は、歯の質が弱いため、虫歯にかかりやすくなっています。継続してフッ素を塗布していただくことで、歯の質を強化することができます。

・溶けた歯の修復

歯は、毎日食事を行う度に少しずつ溶けてしまっています。フッ素には、その溶けた歯を修復(再石灰化)し、元に戻す効果が期待できます。

・虫歯菌の活動を抑える

フッ素には、虫歯の菌が出す酸の量を減らす効果がありますので、虫歯ができてしまっても最小限にとどめることができる可能性があります。

■シーラント

シーラントは保険適応できる虫歯の予防処置です。虫歯になりやすい奥歯の溝へフッ素が入った白いプラスチックの材料を詰めます。あらかじめ虫歯になりやすい部分をふさぐことで虫歯の予防ができるのです。奥歯の溝は虫歯になりやすい部分で、生えて間もない奥歯は、歯の丈が低くなっているため、歯ブラシが届きにくくなり、奥歯の溝に汚れが溜まってしまいます。一度汚れが蓄積してしまうと、歯ブラシで汚れを落としていくことができず、そこから虫歯になりやすくなってしまうのです。

【シーラントの対象】

シーラントは基本的に奥歯が対象になります。
・乳歯の奥歯
・生えたばかりの6歳臼歯や12歳臼歯

【シーラントの注意点】

・取れてしまった場合

シーラントは、食事の際や、歯ぎしり、食いしばりをしてしまった際に取れてしまう可能性があります。また、粘着力の高いガムやキャラメルなどによって取れてしまうこともあるので注意が必要です。 シーラントが取れてしまったり、割れてしまったりした場合、それを放置すると、食べ物や汚れが詰まり虫歯になりやすくなってしまいますので、定期的に歯医者でのチェックをすることが重要です。

・必ず虫歯にならないわけではない

シーラントは、虫歯の予防に効果的な治療方法ですが、歯とシーラントとの間には目に見えない細かな隙間ができていることがあります。その部分から、シーラントの下に虫歯が進行してしまうこともあります。シーラントの処置を行ったからと言って虫歯にはならないと過信せず、自宅でのケアや歯医者での定期的な管理を行いましょう。

■定期健診とPMTC

定期的に歯科医院へご来院いただき、虫歯や歯並び、汚れ具合などのお口の中の環境をしっかりと確認します。虫歯を発見した場合は早めに処置を行えば、削らなくて済むこともありますので、定期的な通院は重要です。虫歯がない場合は、歯のクリーニング(PMTC)、フッ素塗布を行います。歯のクリーニング(PMTC)では、普段のブラッシングでは取れない歯垢(プラーク)などを除去して、お口の中をきれいな状態で維持できるようにしていきます。定期健診の間隔は、3ヶ月から半年に1回位を目安にしていただくことをおすすめします。

■ブラッシング指導

日々行っていただく歯磨きは、虫歯予防の基本です。しかし、お子様は自分できちんと歯を磨くことは難しいかと思います。歯医者では、お子様ご本人のお口の状態やお子様の能力に合わせた歯磨きの方法について指導させていただきます。また、保護者の方の仕上げ磨きも非常に大切ですが難しいため、仕上げ磨きの方法もご説明させていただきます。

大分市中戸次で小児歯科をお探しなら、ダイヤモンド歯科クリニックへ

今回は小児歯科で行う虫歯予防についてご紹介しました。乳歯や生えたての永久歯は非常に虫歯になりやすいです。定期的にお口の中の環境をチェックして虫歯予防を行うことで大人になっても健康的な歯を維持できるように対策していきましょう。小児歯科のことなら大分市中戸次にある、【ダイヤモンド歯科クリニック】までお気軽にご相談ください。

ダイヤモンド歯科クリニックの小児歯科についてはこちら

関連記事