予防歯科について

予防歯科とは、歯が痛くなってから治療するのではなく、痛くなる前に虫歯や歯周病等の歯の病気を予防する事です。
大前提、虫歯や歯周病にかからなければ、歯が痛むことや歯を失う事もありません。
毎日のケアで歯を健康に保つことで、生涯に渡りご自身の歯を保てるため、歯が抜けてしまうのは老化や加齢が原因ではないのです。


定期健診を受けましょう

70歳で日本人の歯の平均残存数は15本と言われています。
大人の歯の本数は親知らずを抜いた場合で28本です。
比べて予防歯科の先進国では平均残存数が25本となっています。ほとんどの歯が残っており、70歳になってもご自身の健康的な歯を保っているそうです。
これは予防歯科に対する考え方の違いが大きく結果を変えています。
日本人は、「痛くなったら通う」事が多いですが、予防歯科の先進国では「痛くなる前に予防のため、歯医者に通う」という考えが根付いているためです。

歯を失ってしまう原因

歯を失う原因は大きく2つ。”虫歯””歯周病”です。
一般的に歯は奥歯から失われる傾向にあり、比較的若いうちは虫歯で失われる事も多く、残った歯が少なくなるにつれて、歯周病で失われる歯が多くなります。
すなわち、”虫歯””歯周病”をいかに防いでいくのか。が重要です。

予防歯科のメリット

1.口腔内のトラブルを未然に防ぎます。

虫歯や歯周病は、早期に発見して進行させずに治すことが重要です。
初期の虫歯や歯周病があった場合でも、定期検診を受けて早期発見、早期治療ができ、軽い治療で治すことができます。


2.お口の中がすっきりして口臭予防にもなります。


予防歯科で受けるプロフェッショナルクリーニングでは、歯についた汚れをきれいに落としたり、歯垢(プラーク)が付きにくいように歯の表面をツルツルに磨き上げます。


3.治療の痛みや費用を軽減できます。


進行してしまった虫歯や、歯周病の治療は痛みを生じる場合があり、治療費も高額になってしまいます。
定期的に検診に通う事でその分費用が掛かると思われがちですが、実は定期検診に通っている方の方が治療費を抑えることが出来ます。