小児歯科の重要性

小児期は歯が生え揃う最も重要な時期と重なります。特に生えたての乳歯は構造的にも未熟でもろく、さまざまな原因によるトラブルを招きやすいという特徴があります。
しかしながら、お子さんだけではなかなか異常に気づきにくいため、周りにいる大人たちの注意深い見守りがあわせて必要となります。乳歯のうちからしっかり治療と予防を行い、将来にわたって綺麗で健康な歯を保ってあげるための土台作りをしてあげましょう。

お子様もリラックスして頂けるようコミュニケーションを大事にしています

いきなり治療ではなく、スタッフがお子様と楽しくお話から!

当院はお子さまの緊張をやわらげ、処置を円滑に進める工夫をしています。始めに時間をかけても、歯科医院そのものになれていただくことが大切です。
当院はいきなり治療に入らず、まずはスタッフがお子さまと楽しくお話しています。時には一緒に歯みがきをすることもあります。大切なのはスタッフと歯科医院になれ親しんでいただき、治療に自然に入れるようになることです。心を許していただけると、治療もスムーズに進めることができます。お子さまのためにも焦らず、時間をかけて良い関係作りに努めていきます。

削らない・抜かない

小児歯科では治療以上に大切なことは
『虫歯予防』です。
健康な歯のためには「削らない・抜かない」
最大の治療は予防からはじまります。
乳歯はいずれ永久歯に生え変わりますが
正しい歯の手入れを習慣化して
小さい頃から虫歯の予防を心がけましょう。
【子供の虫歯予防についてはこちら】

永久歯の歯並びの異常

乳歯が大きく虫歯になってしまうと、
隣の歯が虫歯でなくなったスペースへと
傾くことがあります。

結果、下にある永久歯の生える場所が狭くなり
歯並びに影響することもあります。

永久歯の形成不全

形成不全の状態の多くは
乳歯の虫歯を放置し、虫歯の菌が
歯の根元にまで感染し膿の袋を作ります。
乳歯の下で大きく育つはずの
永久歯が膿の袋に邪魔をされ発育することができません。

永久歯が形成不全になってしまうと、
歯の質も弱くなり虫歯のリスクが高くなります。